おしゃれでいちおしの無垢のベッドを紹介します

おしゃれでとても良い無垢のベッドは、たくさん存在しますが、人によって何がおしゃれなのかも変わってくるので、ベットを自作することをお勧めします。自作と言っても難しいことではありません。無垢ベットの土台を買ってきて、自分の好きな色や柄を付けるだけです。ちょっとした工夫で普通のベッドとは、全く違う自分オリジナルの物が作れます。例えば、ベットの下にカラフルな収納ケースを入れてみたり、全体を白く塗って清楚感のあるベットにしたりと、様々です。自分だけのベットを作ったら、それはもうあなたの中では世界一のベッドになります。きれいに見せるコツとしては、ベットのフレームを意識してやることが大切です。ただの無垢ベッドでもいいのですが、そこに何かひと工夫をすることで、自作のコーディネーションを楽しむことができます。

ベット周辺を鮮やかにしてよりおしゃれなベッドに

ベットカバーや枕カバー、近くにある机などはどんなものを使っていますか?カバーを変えるだけで印象はガラリと変わります。フリルのついたカバーなどを使えば一気にかわいくなります。ベットに合うものを周りからそろえることで、ベットが目立ちおしゃれになってきます。カーテンや壁紙がベットの色と合っているかなどを考えると、よりきれいに見せることができ、おしゃれになります。最大限に雰囲気を味わいたい方は、例えばキャノピーなどを使ってみてはどうでしょう。キャノピーというのは、よくヨーロッパの映画などに出てくる、天井から床までのカーテンが、小さい部屋を作っているやつです。お姫様のようなイメージだけでなく、落ち着いた色を使えば、大人の女性というイメージも作ることができるため、興味があれば一度やってみてはいかがでしょうか。

快適な睡眠をサポートしてくれる色とは

結論から言うと、それは青色です。なぜ青色が快適な睡眠をサポートしてくれるのかというと、青色には心を落ち着かせ、心拍数や血圧を下げる効果があるからです。逆に一番使わない方がいいのは、紫色です。同じ青系統の色ですが、この2つの色の寝室で寝ると、睡眠時間に約2時間の差が出るのです。紫色の寝室で寝ると、よりリアルな夢や悪夢を見やすくなるので、朝起きたときの疲れが多いのではないかとされています。色を感じているのは目だけではなく、肌全体で感じ取っているのです。目隠しをした人に違う色の光を当てたとき、最も筋肉が弛緩したが青色で、最も緊張していたのが赤色です。つまり、青色は寝る前にリラックス効果を得られるだけでなく、寝た後までずっと気持ちを落ち着かせてくれる色なのです。