失敗しない無垢のベッドの選び方

睡眠時間は人生の約3分の1を占めると言われます。睡眠は日々の疲れを癒してくれたり、記憶の定着をはかってくれたりと、私たちの人生において非常に重要な役割を果たしてくれていることは多くの人に知られていることと思います。そしてその睡眠はただ単に長時間とれば良いというわけでなく、その質がより重要視されます。その上質な睡眠をとるために欠かせないのが良いベッドですが、特に無垢材を使用したものをおすすめします。無垢材を使用したものは非常に強度に優れており、破損の心配もなく安心して体を休めることが出来るので、良いものを長く大切に使いたいという考えの人にはぴったりです。また天然の木で作られているので温かみがありリラックスできるので、一日の疲れを癒すベッドに最適です。その分価格も高めになっているので、失敗せずに選びたいものです。

無垢は耐久性や断熱性、調湿作用に優れた木材です

無垢とは合板などのように接着剤を使わずに、原木から直接必要なサイズに切り出したもののことをいいます。そのため非常に耐久性に優れており、化学物質を含まない天然の木なので安心して使用でき、さらに木本来の温もりを感じることができます。そして大きな特徴としてまずは優れた断熱性を持っているため、夏は涼しく、冬は暖かく保ってくれる効果があります。そして湿気の多い日には水分を吸収し、乾燥している日にはその水分を放出することで湿度を一定に保ってくれる効果もあります。日本のように四季があり一年を通して気温が大きく変化したり、梅雨のジメジメとした季節や冬の乾燥した季節など湿度が一定ではない土地にとっては最適といえます。そのような無垢をベッドに使用することで、高い睡眠効果を得ることが出来るのです。

色やサイズはよく考えてから購入することが大切です

無垢といっても色々な種類があり、それぞれによって色味や雰囲気が違ってきます。ベッドは一度購入すると簡単に買い替えられるようなアイテムではないので、自分の作りたい部屋の雰囲気や、ラグ・カーテンといった他のアイテムに合わせてしっかりとトータルコーディネートしていくことが大切です。販売店に足を運べば、実際の商品に触れたり間近で色や質感などを確かめることが出来ますし、中には販売員さんがコーディネートについて相談に乗ってくれるところもあります。またサイズをきちんと測っておくことはもちろんですが、その際にある程度部屋のスペースに余裕を持たせておくことも必要です。実際に部屋に置いてみると、思っていた以上にベッドが大きく感じ、圧迫感がある場合があるので注意が必要です。