明日からの快適な眠りは無垢のベッドで

無垢のベッドは素材がシンプルで、しかも余分な加工が施されていませんから、ベッドの素材を変えるだけで快適な眠りを実現することが出来ます。眠りを妨げる要因には、照明の明るさや屋外から入る騒音等、複数の条件が積み重なっているものです。問題を解決することで、眠りの質が高められますが、どれだけ睡眠環境を整えても、今一つ快眠が実現しないことがあります。寝具の匂いは、新品の時点から使う毎に減少しますが、匂いとして知覚出来ない化学物質に関しては、成分が薄れた後も揮発し続けています。木のベッドは、不快な臭いや化学臭とは無縁、天然なので安心という印象が強いものの、実際はニスや塗料から有機溶剤といった、体に影響を与える臭い物質が発生しています。一方で、無垢の素材は木材がそのまま使われますし、更に天然のワックスが施される程度ですから、眠りを妨げる化学物質が発生する不安がありません。

ベッド選びは製造品質や加工と共に素材が決め手になります

安価な海外製造のベッドは、残念ながら化学物質の量が多かったり、開梱直後は数日間眠れない程に臭うことがあります。大抵の場合は、窓を開けて風通しの良い場所に置いておけば、1週間程度で鼻に感じる不快な刺激臭が減らせます。しかし、快眠を実現する際に問題となるのは、匂いとして感じ取れるか微妙な量の揮発成分ですから、元から発生しないことがベッド選びの重要なポイントになります。国内の製造品を選ぶ、それも検討に値する選択肢になりますが、いかに製造技術が優れていても製造後のチェックや管理が不十分では、安心して選ぶベッドの選択肢として不十分です。無垢以外でも木材を豊富に使ったベッドは、一見すると簡単に快眠が実現すると考えがちですが、必ずしも簡単に得られないことが問題です。無垢材のベッドは、これらの問題が解決したり、商品選択のリスクが減る有力な候補になるので、特徴を踏まえて選択することがおすすめです。

香りが感じられることもリラックス出来る無垢材の魅力です

無垢とは名前が表すように、余計と感じられる要素が一切なく、素材本来の良さが出ている物を指します。木材の場合は、製造時に人の手間暇が掛けられていても、無垢材は余分な加工が施されていない点が魅力になります。余分な加工とは、色合いを変える着色であったり、発色を変化させるクリアー塗装等が挙げられます。極少量であっても、塗料からは長期的に化学物質が揮発するので、最初から使われることが極めて少ない無垢材は、それだけで安心して選べる価値があります。無垢材に塗料が殆ど使われない理由には、木材の良さを損ねないこと、そして本来の香りを残す二つが考えられます。木の香りにはリラックス効果があるので、無垢のベッドは安眠を求める方におすすめですし、化学物質に関する過敏症の方にも適しています。無垢材の揮発成分が少ない点は、安心を実感する決め手になり、天然の香りが楽しめることで、快眠に結び付くリラックス作用が得られます。

5種の無着色・無垢材から選べるベッドは家具蔵だけ! お客様の理想の空間を3Dシュミレーションで実現。 木材や張地のサンプルを無料で貸出し致します。 東京23区内に限り、無料での出張訪問を承ります。 インテリアに精通した方にもご支持いただいています。 金物に頼らない作りは、不快といわれる軋み音を軽減するだけでなく、フレーム自体の耐久性を高めます。 ベッドも無垢のものを選ぼう!家具を買うならKAGURA